伊之助はなぜ被り物をしてる?イノシシのお面をしている理由を解説!

伊之助 なぜ 被り物 漫画

鬼滅の刃(きめつのやいば)でイノシシの被りものをいつも被っている伊之助

主人公である炭次郎と同じくらい人気のあるキャラですよね。

そんな伊之助ですが、なぜ被り物をしているのでしょうか?

この疑問がSNSでも話題となっています。

伊之助が、被り物をしなければならない何か特別な理由があるのか気になりますよね。

そこで今回は伊之助がなぜイノシシの被り物をしているのか、その理由を解説していきましょう!

アニメ派の方にはネタバレになるのでご注意ください!

 

伊之助の被り物に疑問を抱く人が多数!

SNSでは、伊之助の被り物に疑問を抱く人が多数いるのです。

普通人がずっとイノシシの被り物をしていたらおかしいですからね。

まずは、どんな声があるのか見てみましょう!

なるほど、やはり伊之助の被り物をしている理由について疑問の声が多いようです!

アニメや映画で伊之助をはじめて見た人にとっては、かなり疑問だったことでしょうね。

いきなりイノシシの頭をつけた人が登場したわけですから。

さぞかし驚いたに違いありません。

しかし同時に人気のキャラなので、イノシシの被り物にどんな理由があるのか気になりますね!

 

伊之助はなぜ被り物をしている?

伊之助の被り物について疑問に思っている方が多いことが分かりましたね。

では、伊之助がなぜ被り物をしているのか

その理由を解説していきましょう!

 

伊之助の被り物は育ての親の形見!

生みの親は容姿からも分かる通り人間ですが、伊之助を育ててくれたのは野生のイノシシなのです。

伊之助のイノシシの被り物は、その育ての親のイノシシの毛皮から作ったもの

育ての親のイノシシが亡くなった時に、伊之助が作ったのでしょう。

つまりは、『育ての親の形見』というわけですね。

その被り物をずっと肌身離さずつけているということは…。

伊之助が人間としての親への愛情のようなものを感じているのかもしれません。

伊之助のイノシシの被り物は、親への愛情だけは忘れないという表れなのでしょうね!

 

『山の王』として山の主を受け継いだ証!?

山で育ち、自分を『山の王』と呼び強い生き物との力比べをするような日々を送ってきた伊之助。

そんな伊之助を育てたイノシシは、『山の主』と呼ばれていたようなのです。

伊之助が育ての親であるイノシシの皮から作った被り物を被っているということは…。

『山の主』を受け継いだ証として、イノシシの被り物を作りずっとつけているのかもしれません。

その意思すらも伊之助は受け継ぎ、自分を『山の王』と言っているのでしょうね!

 

自分の素顔を隠すためでもある!?

伊之助の素顔は、可愛く女の子のような顔をしていますよね。

伊之助はこの自分の顔が嫌だったからこそ、顔を隠すため被り物をしている可能性もあります。

アニメでも善逸に素顔を見られた時、伊之助は「文句あるか?」と喧嘩口調でしたよね。

『山の王』にまでなった伊之助は、女の顔だから弱いと思われたくなかったと考えられます。

それを防ぐために、いつ何時でも被り物をしていたのでしょうね!

 

まとめ

今回は伊之助がなぜイノシシの被り物をしているのか、その理由を解説してみました!

イノシシの被り物をしているのにいろんな理由があるのが分かりましたね。

アニメで伊之助の生い立ちなどが明かされるのが楽しみです。

そして、鬼滅の刃は2期の放送も決定されています。

伊之助に関してのことがその放送で分かるのか期待してしまいますね!

 

タイトルとURLをコピーしました