宮城県のポポーとは何!?岩沼市の名物果物で美味しいの?

テレビ

皆さん、幻の果実『ポポー』ってご存知ですか!?

令和3年1月3日に放送される『正月千鳥』でこの幻の果実が出るらしいです♪

宮城県の岩沼市の名物、ポポーとは何なの!?

美味しいの!?

そこで今回は、宮城県で有名なポポーとは何か?美味しいのか!?

こんなテーマで書いてみようと思います^^

 

幻の果実、ポポーって何!?

ポポーって聞いた事があるけど、食べた事がない…。

ポポー?そんな果物あるの!?

知ってる方、知らない方は様々だと思います♪

ポポーって、明治期には日本に入ってきた、北米原産バンレイシ科の果物!!

その形はアケビにそっくりで、割ると中に少し大きめの種が入ってるんです。

果肉は黄色から薄いオレンジの様な綺麗な色をしてます♪

宮城県岩沼市は、このポポーで町おこしを目指しているのだとか!

うんうん、凄く素敵な取り組みだと思います^^

 

なぜ幻の果実なの!?

ポポーは、熟してから痛むのがすごく早いんです^^

薄いグリーンの果皮をしてて、熟してくると黒いシミの様な変色が出てきます。

その変色した部分の多さも、様々みたいです。

見栄えの悪い物もあったり、熟してから痛むのが早い事から市場に出る事も減り、栽培する人が減り…結果『幻の果実』と言われる様になったとか!!

 

ポポーって美味しいの!?

皆さん気になるのは、ポポーの味ですよね^^

ポポーはトロピカルフルーツの様な良い香りがして、粘り気があって、食べると甘みも強い!

味はバナナやマンゴーに似た味をしてます。

森のカスタードクリームとも言われていますよ^^

数日おくと、匂いも少し変わって、甘みにも変化があります。

収穫してすぐ食べるポポー、数日おいたポポーと味の好みは人それぞれだけど…。

どちらもとても美味しいんですよ♪

 

ポポーの食べ方

キウイフルーツの様に、ナイフで切った物をスプーンで食べるのがポピュラーな食べ方だと思います!!

包丁で切る時は、種が邪魔をするので、半分に切るのではなく、4~3分の1辺りに包丁を入れて、種をかすめるようにして切ると良いみたいです。

ミキサーにかけてスムージーに、凍らせてピューレ等にしても美味しいと思います♪

 

岩沼市ってどこ!?

千鳥の番組で取り上げられる、宮城県岩沼市!!

県庁所在地でもある、仙台から車で40分程度の海も近く、自然も多い場所にあります。

東日本大震災から、もう少しで10年!!

岩沼市も相当なダメージを受けました。

当時は本当、大変だったでしょうね(泣)

そんな岩沼市が、幻の果実『ポポー』を特産物にして頑張っていこうとしている姿、本当素敵ですよね♪

 

岩沼市が販売するジェラート

皆さん、見て下さい!!これ、ヤバそうですよね^^

岩沼市が販売する、ポポーを使ったジェラートなんですよ!!

岩沼市と隣接する、名取市という所にあるジェラート専門店さんとのコラボらしいです♪

仙台を訪れた際…岩沼市って少し立ち寄ってみたい候補の一つですよねw

どんな味で、どこまで甘いんだろう…。

考えただけで、ヨダレがw

 

以上、宮城県のポポーについてまとめてみました!

色々な食べ方もあって、そのまま食べても良いけど、ジェラートもいいですよね^^

 

まとめ

今回は、千鳥の番組で取り上げられる幻の果実『ポポー』とは何か!?

そして宮城県岩沼市ってどこにあるんだろう…。

そんな事をまとめて書いてみました。

ポポーとは何なの!?知らなかったけど、食べてみたくなった!!

そんな感じで、知らなかった方にも興味を持ってもらえたら、僕もブログを書いた甲斐がありますw

宮城県の特産物として、このポポーが町おこしにも繋がってくれる事を願ってます♪

では、この辺で終わりにしたいと思います^^

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました