オリンピック応援ソング歴代まとめ!夏季冬季16曲のテーマ曲って?

スポーツ

オリンピックといえば、4年に一度のスポーツの祭典ですよね!

世界中の人が集まる大会だからこそ、注目されています。

その中でも今回は、歴代の応援ソングに注目してみたいと思います!

今や人気アーティストが担当することが当たり前となっているオリンピックの応援ソング。

歴代の応援ソングにはどのような曲があるのでしょうか?

この記事では夏季オリンピック・冬季オリンピックに分けて、それぞれご紹介したいと思います!

それでは早速オリンピックの歴代応援ソングを見ていきましょう!

 

夏季オリンピック歴代応援ソングまとめ

まずは夏季オリンピックの歴代応援ソングを見てみましょう!

NHK放送テーマソングをまとめてみましたよ。

応援ソングが初めて採用されたのは、1988年のこと。

全9曲の夏季オリンピック応援ソングを見てみましょう!

 

1988年応援ソング『HEART and SOUL』

まずは1988年のソウルオリンピックの時の応援ソングです。

この時の応援ソングは『HEART and SOUL』という曲で、浜田麻里さんが歌っています。

メジャーデビューは1983年とのことで、デビューからわずか5年で抜擢されたわけなんですね!

この曲で自身初となるオリコントップ10入りを果たした浜田さん。

その後、ヒット曲をたくさん生み出し、海外でも活躍しています!

幅広いジャンルの歌を生み出す浜田さんの可能性が買われて、応援ソングに選ばれたのでしょうね^^

 

1992年応援ソング『PARADISE WIND』

続いては1992年のバルセロナオリンピックの応援ソングを見てみましょう!

この時の応援ソングは寺田恵子さん『PARADISE WIND』です。

元々SHOW-YAというグループに所属していた寺田さん。

この『PARADISE WIND』は脱退後のソロデビュー曲だったそうです!

ソロでは8枚のシングルと、7枚のアルバムを売り出していたんですよね。

現在は再結成したSHOW-YAのボーカルとして活躍されていますよ^^

 

1996年応援ソング『熱くなれ』

1996年のアトランタオリンピックの応援ソングは『熱くなれ』です。

大黒摩季さんの楽曲ですね!

多数のミリオンセラーを生み出しているシンガーソングライターの大黒さん!

『熱くなれ』も83万枚のセールスを記録し、1996年度の長者番付では歌手部門で10位に輝きました!

一時闘病のため、活動休止していた大黒さんですが、現在はまた活動を再開されています^^

2020年には舞台女優としてもデビューしていて、活動の幅を広げていますよ!

 

2000年応援ソング『Get U’re Dream』

続いては2000年シドニーオリンピックの応援ソングを見てみましょう。

この時の応援ソングは『Get U’re Dream』という曲で、ZARDが歌っています。

ZARDといえば、ボーカルの坂井泉水さんが印象的ですよね。

闘病生活を送っていた際、2007年に事故で急逝されています。

そのZARDが活動中だった2000年にオリンピックの応援ソングとして送り出した『Get U’re Dream』!

坂井さん自らもスポーツ選手になったつもりで楽曲を手掛けたそうですよ^^

 

2004年応援ソング『栄光の架橋』

2004年アテネオリンピックの応援ソングはゆず『栄光の架橋』です!

7週間連続でオリコントップ10入りを果たした、超人気曲です^^

2004年の年間シングルランキングでも26位をマークしたんですよ!

2017年には中国語版がリリースされたりしていて、海外でも人気なのが分かります。

国内外とわず、長きにわたって愛されている曲というわけなんですね^^

 

2008年応援ソング『GIFT』

続いては2008年北京オリンピックの応援ソングです。

北京オリンピックの応援ソングは『GIFT』というMr.Childrenの歌です。

オリンピックの応援ソングではありますが、金メダルに勝る輝きを持つ全ての人に向けて書いた楽曲なのだそう^^

勝ち負けよりも、たたえ合える曲を作り出したというわけなんですね!

オリコンシングルランキング1位を記録した『GIFT』。

Mr.Childrenとしてはの28作連続初登場1位を記録したタイミングでもあったそうです!

 

2012年応援ソング『風が吹いている』

2012年の応援ソングはいきものがかり『風が吹いている』です。

ロンドンオリンピックの応援ソングとして起用されました!

シングルは1曲のみの収録で、販売価格は610円なのだそう。

この610というのは、オリンピック開催地のロンドンにちなんで、語呂合わせで決まったそうですよ^^

遊び心が光っていますね!

今までの楽曲にはない重さを感じる曲なのだそうですが、いきものがかりらしい爽やかな歌だと思います^^

 

2016年応援ソング『Hero』

2016年に開催されたのは、リオデジャネイロオリンピック

この時の応援ソングは安室奈美恵さん『Hero』です。

安室さんとしては45枚目のシングルとなるこの曲。

2018年に引退した安室さんの楽曲の中でも、かなり人気のある歌です^^

オリコン週間ランキングでも6位に選ばれていますしね。

安室奈美恵さんの代表楽曲といっても過言ではないでしょう!

 

2020年応援ソング『パプリカ』

最後にご紹介するのは2021年開催の東京オリンピックの応援ソングです。

本来であれば、2020年に開催予定でしたが、1年越しで歌い続けられているこの応援ソング。

その曲こそFoorinの歌う『パプリカ』です!

Foorinは『パプリカ』を歌うために開かれたオーディションで選ばれた5人の子供達のグループなんですよね!

楽曲提供を、あの米津玄師さんが行ったことでも有名となっています。

1年越しになったということもあり、既に紅白歌合戦やレコード大賞でも歌われた『パプリカ』。

もはや知らない人はいない!?ってくらいの人気曲ですよね^^

 

冬季オリンピック歴代応援ソングまとめ

続いては冬季オリンピックの歴代応援ソングを見てみましょう。

冬季オリンピックで応援ソングが採用されたのは、夏季オリンピックより6年後の1994年からです。

今までに7曲のテーマソングが起用されてきましたので、順に見ていきましょう!

 

1994年応援ソング『遥かな人へ』

まずは1994年のリレハンメルオリンピックの応援ソングです。

この時は高橋真梨子さんの歌う『遥かな人へ』が応援ソングに起用されました。

高橋さんのソロシングル22枚目の楽曲となります。

この曲、当時卒業ソングとしてもめちゃくちゃ人気が出たそうですよ!

中高生から楽譜の要望が殺到したそうで、かなり注目された曲なのが伝わってきますね^^

 

1998年応援ソング『SHOOTING STAR』

続いては1998年長野オリンピックの応援ソングです。

長野オリンピックでは、F-BLOODの歌う『SHOOTING STAR』が応援ソングでした。

F-BLOODといえば、藤井フミヤさんと藤井尚之さんの実兄弟によるユニットですね!

F-BLOODとしての活動は1997年に開始されているので、開始まもなくオファーを受けたのではないでしょうか!

元々知名度があるだけに、注目したくなるのも納得ですよね^^

どちらかが亡くなるまでは解散しないというF-BLOOD!

さすが兄弟、血のつながりの強さを感じます!

 

2002年応援ソング『果てなく続くストーリー』

2002年のソルトレイクシティオリンピックの応援ソングを見てみましょう。

この時の応援ソングは『果てなく続くストーリー』という曲。

歌っているのはMISIAさんです!

彼女の9曲目のシングル曲で、前作からは1年1ヶ月空いてリリースされたんですよね。

サラ・ヘロニモやLittle Green MonstarGree Monstarがアルバムでカバーしています^^

オリコンの週間ランキングでも3位をマークしていて、人気曲なのが分かりますね!

 

2006年応援ソング『誓い』

2006年のトリノオリンピックの応援ソングは『誓い』です。

平原綾香さんの歌ですね!

平原さんは同年の大みそかにこの曲で紅白歌合戦にも出場しています!

オリコンの週間ランキングでは14位でしたが、チャートに13回登場していて、根強い人気が伺えますね!

 

2010年応援ソング『BLESS』

2010年のバンクーバーオリンピックの応援ソングを見てみましょう!

この時の応援ソングはL’Arc ~en~ Ciel『BLESS』です。

作詞したhydeさん曰くオリンピックに限定せず、ゴールを目指し、成長した過程を形にした曲となっているそうです^^

オリコン週間ランキングで2位を記録したこの曲!

2010年度のオリコン年間ランキングでも61位に選ばれるなど、冬季オリンピックの応援ソングの中でも人気の曲です!

 

2014年応援ソング『今、咲き誇る花たちよ』

2014年開催のソチオリンピックでは、コブクロ『今、咲き誇る花たちよ』が応援ソングでした!

前作から7か月ぶりのリリースとなった曲なんですよね。

シングルCDにはこの曲とカラオケ曲のみが収録され、555円で販売されました。

週間オリコンランキングでも7位を記録しています。

2013年の年末にこの曲で紅白歌合戦に出場し、オリンピック前に披露してくれていました^^

 

2018年応援ソング『サザンカ』

2018年の平昌オリンピックでは、SEKAI NO OWARI『サザンカ』が応援ソングに起用されました!

セカオワの12作目のシングルとなります。

週間オリコンランキング4位をマークし、2018年の紅白歌合戦にもこの曲で出場していますね!

日本レコード大賞でも優秀作品賞を受賞して、注目を集めた曲なのが伝わってきます!

シングルCDは完全生産限定版で販売されたので、レアな感じがしますよね~^^

 

まとめ

今回は歴代のオリンピック応援ソングをご紹介しました!

東京2020の応援ソングを合わせると、夏季9曲、冬季7曲の全16曲となります。

どれも頑張る人達へのエールを感じられる曲で、前向きな気持ちになれますよね^^

オリンピックの応援ソングとしてもピッタリですが、頑張りたいことがある時に聞きたくなる曲ばかりです!

皆さんもお気に入りの応援ソングを見つけて、奮起したい時に聞いてみて下さいね!

 

タイトルとURLをコピーしました