ワンピースのアプーの悪魔の実の能力は何?オトオトの実で確定か!

ワンピース

スクラッチメン・アプー。 カイドウの傘下としてワノ国でルフィたちと対戦中です。 とうとうアプーの技が多数登場していますね! 一時はルフィを気絶させ、ゾロに斬撃を食らわせるなど能力的にはかなり強いものであると予想できます。 特にルフィから見た戦いの相性はかなり悪そうです。 そんなアプーですが、まだ公式には悪魔の実は公表されていません。 色々と予想は飛び交っていますが、アプーの能力はなんなのでしょうか? 今回はONE PIECE(ワンピース)アプーの悪魔の実について考察してみました!  

アプーの悪魔の実の能力は?

まずはアプーの能力についてまとめてみました!  

体を楽器に変えられる

体のあらゆる箇所を楽器に変えることができる能力です。 顎を鳴らしたり腕を管楽器のように鳴らしたりとだいぶユニークな見た目ですね。 この辺はシャボンディ諸島の登場シーンで既に登場していましたが、この能力が戦いにどのように活きてくるのかが不明でした。 お次はワノ国で登場した戦いの技についてです。  

戦闘の技一覧

シャボンディ諸島でも黄猿相手に一度だけ披露していましたね。 アプーの攻撃は擬音で遠距離から攻撃を仕掛けることが出来ます。 では、攻撃技をご紹介します!  

斬(シャーン)

ゾロに傷を負わせた技です。 アプーの技が分からなかったとはいえ、剣士のゾロがなす術もなく斬撃を食らってしまいました。 ただし食らったゾロは倒れる事なくそのまま走っていましたので、威力はそこまで強力なものではないのかもしれません。  

殴(ボーン)

不意打ちでルフィに一撃をくらわせた技です。 覇気を持ってしても防ぐことができませんでした。 字の通りですが、殴られるような衝撃を与える技のようですね。  

爆(ボーン)

こちらもルフィたちと交戦中に登場した技です。 なんとルフィを気絶させるほどの威力がありました! この技はシャボンディ諸島で黄猿を爆発させるほどのものでしたね。  

アプーの強みと弱点とは!?

黄猿を爆発させ、ルフィを気絶させるほどの能力を持つアプー。 そんなアプーですが、キラーが弱点を見つけていました。 次はアプーの能力の強みと弱点をそれぞれまとめてみました!  

アプーの強さ

アプーの強みはなんと言っても遠距離攻撃が可能なところではないでしょうか。 また、アプーの攻撃は目に見えません。 攻撃がどこから来るか分からないということは、攻撃が避けられないということです。 避けられない攻撃ほど嫌なものはありませんよね…。 普通の体を持った人間が相手の場合、アプーはかなりの強さを発揮すると思われます。  

アプーの弱点

アプーの弱点は二つほど考えられます。 以下で考察していきます!  

音が聞こえない相手には効力がない

弱点の一つ目は音が聞こえない相手には攻撃が通じないことです。 いくら距離が遠くても、音が聞こえる範囲に敵がいればアプーの攻撃は届きます。 ただし逆に言うと、どれだけ近くても音の聞こえない相手には効果を発揮できません。 耳を塞げば攻撃が防げてしまう点は弱点と言えます。 防音壁を使えるロシナンテナギナギの実はアプーの天敵だったと言えますね!  

自然(ロギア)系とは相性が悪い?

シャボンディ諸島で黄猿と対戦した際、アプーの攻撃は確かに当たっていましたが、黄猿はすぐに復活していました。 そもそも物理攻撃が効きにくい自然系とはあまり相性がよくないようですね。  

アプーの悪魔の実はオトオトの実!?

ここまでアプーの能力について考察していきました。 さて、いよいよその悪魔の実について考察していきましょう! まだ攻撃の技が出ていない時期はガキガキの実楽器人間と言う選択肢もありました。 ですが今回のワノ国での戦いシーンで、技が擬音であることが明らかになりましたね。 楽器人間というよりは、音人間や音響人間と言った方が近いかもしれません。 今回の考察から、アプーの悪魔の実は十中八九、オトオトの実と予想します!  

まとめ

さて、今回はONE PIECE(ワンピース)アプーの悪魔の実について考察してみました。 アプーの能力は音を体現化することというのは明らかになっていますね。 ナギナギの実の能力者が現れた場合はアプーの天敵となりそうですが、ルフィたちとの戦いにおいてはアプーの方が有利かもしれません。 耳を塞ぎながら攻撃することはできないため、どうしてもアプーの攻撃をくらってしまいそうです。 ルフィたちが戦いの中でどう対処していくのか見ものですね! アプーの悪魔の実が今後明らかになるかは不明ですが、いずれ詳しい情報が出てくるのを待ちましょう!  ]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました