ゾロとワノ国の関係は?出身や両親は誰なのか考察してみた!

ゾロとワノ国の関係は?出身や両親は誰なのか考察! ワンピース

ゾロとワノ国は関係が深い?

ゾロとワノ国にはどんな関わりがあるのでしょうか? まずはどんな関係があるのかを考察してみます。  

共通する出身地と刀鍛冶の『シモツキ』という名前

ゾロの出身地は東の海(イーストブルー)にあるシモツキ村である事は明らかになっています。 そして現在、ゾロの所持していた刀『和道一文字』と『閻魔』を作った刀鍛冶の名前は霜月コウ三郎。 同じ『シモツキ』の名が入っていますね。  

ゾロがモモの助に教えた掛け声がワノ国のものと共通する

ゾロがモモの助に勇気が出るおまじないとして教えた言葉が、ワノ国でモモの助が使うのに相応しくない言葉と一致していました。 位の高い大名の息子であるモモの助に名前を捨てろ、知恵を捨てろ、という意味合いの言葉は確かに似つかわしくない言葉ですね。  

ゾロとワノ国の関係が判明!

ゾロが持つ刀を作った刀鍛冶である霜月コウ三郎。 実はこの人物こそ、ゾロの故郷であるシモツキ村を作った人物だったことが明らかになっています。  

ゾロに掛け声を教えたのは霜月コウ三郎!

村を作ったとされる霜月コウ三郎。 ゾロが教わったものの使ったことがないという掛け声は、村の創立者から教わった言葉だと尾田先生が発表しています。 つまり、ゾロと霜月コウ三郎は過去面識があったことになりますね。  

ゾロの血筋は元を辿るとワノ国のもの!?

ゾロが先生と慕う霜月コウシロウが、村を創った霜月コウ三郎の息子であることが明らかになっています。 コウ三郎はワノ国の侍のため、その彼が創った村となるとシモツキ村の血筋の原点はワノ国のものとなります。 シモツキ村出身のゾロの血筋を遡ると、ワノ国のものと考えても良さそうですね。  

ゾロの両親は誰なの?

ゾロの先生であるコウシロウとその娘のくいなが霜月の血筋であることが明らかになりました。 それでは、ゾロの両親は誰に当たるのでしょうか。  

海軍大将『緑牛』が父親?

一説では海軍大将で唯一まだ姿を表していない緑牛が父親ではないかという考察があるようです。 まだシルエットでしか登場しておらず、本人の姿も明らかになっていません。 恐らく『緑』の字が入っていることでゾロに繋がるイメージということではないでしょうか。 もう少し伏線があれば裏付けも出来そうですが、今のところ予測の域を出ません。  

霜月牛マルが父親?

こちらはあり得そうな予想ですね。 霜月牛マルが常にキツネを連れていたという点と、キツネがスペイン語で『ゾロ』であることはかなり濃厚な伏線と考えられます。 さらに、牛マル自身も剣の達人であったことが書かれています。 ゾロとのシルエットがそっくりである事も親子であると考えると自然ですね。   また、こちらはまだ推測の域を出ませんが。 『牛』繋がりで海軍大将緑牛と牛マルが同一人物である可能性もなくはなさそうです。 そうなると緑牛がゾロの父親である可能性も高まりますね。 シルエットで登場した緑牛はかなり軟派な雰囲気でしたが、まだ牛マルの本人像も見えていません。 この二人が同一人物の場合、ゾロの父親である可能性はかなり高いのではないでしょうか。  

母親については謎

ゾロの母親に関しては非常に予測が立てにくいですね。 父親に関しては色々な予測が立てられますが、母親像については伏線などが見受けられません。 トキトキの力を使った過去の光月トキが母親、などと無理やり予測を立てる事もできますが、そうなるとゾロとモモの助と日和が兄弟…。 ちょっと話がごちゃごちゃしてきそうですね。 それを裏付けるものもないため、母親については今のところは謎のままと考えるしかなさそうです。  

まとめ

さて、今回はONE PIECE(ワンピース)麦わらの一味『海賊狩りのゾロ』とワノ国との関係性について考察していきました。 尾田先生が公式に書いているところを見ると、ゾロの血筋がワノ国のものである事は間違いなさそうです。 もしもゾロが今回の考察通り霜月の血を引いているとすると、幼なじみのくいなとは血が繋がっていることになりますね。 麦わらの一味は少しずつ過去が明らかになってきていましたが、ゾロに関しては親に関するワードが今まで一切出てきていません。 ワノ国編でゾロの両親についても明らかになるのでしょうか? 今後の展開が楽しみですね!    ]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました